北九州港の概要

北九州港カーボンニュートラルポート(CNP)検討会

概要

 国土交通省では、我が国の輸出入の99.6%を取り扱い、CO2排出量の約6割を占める産業の多くが立地する港湾において、港湾を経由した水素・アンモニア等の利活用や洋上風力発電の導入等の脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化等を通じて「カーボンニュートラルポート(CNP)」を形成し、我が国全体の脱炭素社会の実現に貢献していくこととしています。
 また、北九州市においても、国と歩調を合わせ、2050年までに脱炭素社会の実現を目指す「ゼロカーボンシティ」を表明しています。
 今般、CNP形成に向け、次世代エネルギーの需要や利活用方策、港湾の施設の規模・配置等について検討を行うため、民間事業者、九州地方整備局、北九州市で構成する、北九州港CNP検討会を開催(九州地方整備局・北九州市の共催)しました【九州で初】。

開催要綱

開催報告

第1回 北九州港カーボンニュートラルポート(CNP)検討会
(令和3年6月28日開催)

【問い合わせ先】

北九州市港湾空港局計画課

電話番号:093-321-5967

メールアドレス:kouwan-keikaku@city.kitakyushu.lg.jp

Adobe Reader をダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
リーダーは左のボタンからダウンロードできます。

HOME HOME