News & Topics

第55回北九州市地方港湾審議会を開催しました。

最終更新日:2013/12/17
  1. 開催日時    平成25年11月25日(月)13:30~14:30
  2. 開催場所    リーガロイヤルホテル小倉
  3. 出席委員    委員総数30名のうち28名出席(代理出席含む)
  4. 審議内容
    1. (1)北九州港港湾計画の軽易な変更について(諮問案件)
      ア 砂津(浅野)地区
       新たに整備する球技場を核とし、水辺空間と一体となった賑わいづくりを進める
       ため、小型船だまり計画、土地利用計画等を変更する。
       ○小型船だまり計画
        ・埠頭用地0.5ha→削除
       ○土地利用計画
        ・埠頭用地0.5ha、交通機能用地0.3ha、緑地0.1ha→交流厚生用地0.9ha
        ・交通機能用地(その他道路)1.0ha→追加
       ○臨港交通施設計画
        ・臨港道路砂津道路(起点:砂津小型船だまり→浅野1号線、終点:浅野14号線)
       ○港湾環境整備施設計画
        ・緑地3.4ha→緑地3.3ha
        計画図01【PDF:4,724KB】

    2. イ 砂津(延命寺)地区
       廃油処理施設の廃止に伴い、施設跡地を隣接する都市公園と一体的に整備を行う。
       このため、公共埠頭計画、土地利用計画等を変更する。
       ○公共埠頭計画
        ・水深5.5m ドルフィン1バース→廃止
       ○土地利用計画
        ・廃棄物処理施設用地0.6ha→その他緑地0.6ha
       ○水域施設計画
        ・高浜航路(水深5.5m、幅員100m→水深4.5m、幅員100m)
       ○廃棄物処理計画
        ・廃棄物処理施設用地(廃油処理施設)0.6ha→削除
        計画図02【PDF:1,340KB】

    3. ウ その他重要事項
       世界遺産登録を目指す「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の
       構成要素となっている港湾関連の産業遺産となる歴史的・文化的価値を保全
       するため、価値を構成する産業遺産の適切な保全に配慮しながら港湾の開発
       及び利用に努める旨を港湾計画に追加する。

    4. (2)北九州都市計画臨港地区の分区指定の解除等について(諮問案件)
        砂津(浅野)地区
         港湾計画の軽易な変更(砂津(浅野)地区)における土地利用計画の変更に
         伴い、臨港地区の分区指定を解除するもの。
         ・臨港地区の分区指定の解除 商港区 →無分区 0.8ha
          分区指定図01【PDF:216KB】
        砂津(延命寺)地区
         港湾計画の軽易な変更(砂津(延命寺)地区)における土地利用計画の変更に
         伴い、臨港地区を解除するもの。
         ・臨港地区の解除  保安港区 →解除 0.6ha
          分区指定図02 【PDF:204KB】
        若松地区
         平成25年4月に実施した港湾計画の軽易な変更(若松地区)について、
         都市計画協議が整ったことから、臨港地区を解除するもの。
         ・臨港地区の解除  商港区 →解除 0.2ha
          分区指定図03【PDF:298KB】

    5. (3)港湾環境整備負担金に係る負担対象工事の指定について(諮問案件)
         北九州市が行った港湾の環境整備・保全のための工事に要した費用の一部を
         事業者に負担していただくため、その対象となる工事を指定するもの。
         ・負担対象工事【PDF:30KB】
         ・北九州港港湾区域及び臨港地区平面図【PDF:63KB】

  5. 議事経過
    1. (1)北九州港港湾計画の軽易な変更について

       ア 砂津(浅野)地区
       委員から、
       ・海辺のマスタープラン2010の策定の際に出された、緑地に関する地元意見に
        ついて、今後、事業にどのような形でフィードバックされるのか。
       ・新球技場の水際線については、ペデストリアンデッキ等で回遊性を確保できる 
        方法を考えて欲しい。
       ・北九州港長期構想では、緑地機能として回遊性を確保するとされているため、
        新球技場建設を行うPFI事業者に対し、当該構想に沿った事業を行うよう
        要求して欲しい。将来的には、回遊性を確保できるよう事業を進めて欲しい。
        との質問、要望があり、事務局から、
       ・地元意見の全てを取り込むことは難しいが、水域を活かした緑地整備という基本
        路線に沿って、可能な限り取り込んでいく。地元の方々へは、フィードバックを
        行い対応する。
       ・新球技場については、将来、海上に張り出す可能性もあることから、周辺の
        民間所有地の状況も考慮しながら回遊性が確保できるよう今後、緑地計画を
        策定する。
       ・さらに、新球技場担当部局と、新球技場計画のなかで将来的に回遊性が確保
        できるよう、PFI事業者に対して条件を課す等の協議を行っていく。
        との説明がありました。

       イ 砂津(延命寺)地区
       委員から、
       ・廃油処理場跡地を都市公園に取り込むことは、市民にとって良いこと。
        今後、跡地も含めた一体的な公園整備は行うのか。また、市民の方が利用しやす
        い公園となるよう他局と調整を行いながら進めていただくようお願いしたい。
        との意見・要望があり、事務局から、
       ・跡地を含めた整備計画については今後作成するため、ご意見については
        都市公園の担当部局へ伝えておく。
        との説明がありました。

      ウ その他重要事項
       委員から特に質問・意見はありませんでした。


    2. (2)北九州都市計画臨港地区の分区指定の解除等について
       委員から特に質問・意見はありませんでした。

    3. (3)港湾環境整備負担金に係る負担対象工事の指定について
       委員から特に質問・意見はありませんでした。

       審議の結果、3件の議題については、全会一致で、原案を適当と認めることに
       決定しました。
  6. 議題についての問い合わせ先
    1. (1) 北九州港港湾計画の軽易な変更について            
         計画課(321-5967)
      (2) 北九州都市計画臨港地区の分区指定の解除等について  
         計画課(321-5967)

      (3) 港湾環境整備負担金に係る負担対象工事の指定について 
         整備課(321-5961)
HOME HOME