News & Topics

北九州港と境港を結ぶ「SEA&RAIL」トライアル輸送を実施

 鳥取、島根両県が北九州市と協力し、北九州港と境港を結ぶ新たな海上輸送路の就航を目指したトライアル輸送を行いました。
 九州⇔山陰間の物流は主にトラックや鉄道が利用されていますが、近年、トラック運転手不足などの課題があります。
 今回のトライアル輸送は、北九州港と境港とを往復するルートで行われました。北九州港からは山陰向けの農産物や自動車、境港からは九州各地に向けた農機具や飲料水などを積みこみ、到着後は鉄道やトラックに接続し、各地へ配送されました。
 これらの結果を踏まえ、冬場における航路の安全性、所要時間、輸送コストなどの検証を行います。

クレーン作業の様子
クレーン作業の様子

積み付け作業の様子
積み付け作業の様子

 実施概要  
○日  程 平成27年12月8日(火)~10日(木)
○使用船舶 佑勝丸(ゆうしょうまる)/499総トン
○使用岸壁 ひびきコンタナターミナル
○輸送貨物 北九州港よりコンテナ35本 農産物、自動車など
境 港より  コンテナ39本 農機具、飲料水など
○実施主体 鳥取県、島根県、境港管理組合
○協力機関 北九州市、国土交通省中国地方整備局、九州地方整備局

【お問合せ先】

北九州市港湾空港局物流振興課
電話:093-321-5941 FAX:093-321-5936

HOME HOME