海ナビ(海辺の見どころ情報など)

新・海辺のマスタープラン

「新・海辺のマスタープラン」中間見直し

 「新・海辺のマスタープラン」の策定(平成23年)から5年が経過し、市民意識や社会経済環境の変化など、海辺に対するニーズも変化していることから、目標年次の中間年にあたる平成28年度に、策定から5年間の取り組みへの評価を実施し、その結果を踏まえて、計画の見直しを行いました。(平成28年11月策定)

「新・海辺のマスタープラン」中間見直しの概要

今後の取り組みの方向性

海辺に関する情報発信不足などの市民ニーズやインバウンドへの対応などの社会経済環境の変化から見えてきた新たな課題に対し、以下に着目して具体的な施策に取り組みます。

1)時代の変化に対応したツールを用いるなど効果的な情報発信をし、海辺の魅力や海辺での活動への関心を更に高める

2)国内外から訪れる人に対して、受け入れ環境を整え、海辺を訪れる人を増やす

課題に対応した新たな取り組み(施策の追加や強化)
追加○魅力ある海辺空間の創出
○クルーズ船利用者等の海辺観光の推進
強化○海辺にある産業資源の活用
○海辺をとりまく多様な活動の発信
○利用者の保全意識の向上
○海辺の見どころ情報の発信
○市民活動のネットワーク化
○地域との協働による海辺の保全

※計画の目標年次や計画の対象、将来像実現に向けた目標、基本方針等は、当初計画からの変更はありません。

「新・海辺のマスタープラン」中間見直しのダウンロード

Adobe Reader をダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。
リーダーは左のボタンからダウンロードできます。

HOME HOME