スナQナビ

港のお仕事 No.11 ~ 白島展示館 ~

 みんな、ここがどこだか分かる?ぼくは今回、北九州市若松区にある「白島展示館」ってところに来てるんだ。みんなは「白島国家石油備蓄基地」って知ってるかな?北九州市若松の沖合にある「白島」って島には、国の石油を備蓄(*)する船が浮かんでいる基地があるんだよ。この展示館では、基地の様子や働きを紹介しているよ。年間1万人くらいの見学者が来る人気の施設だけど、ぼくは初めての見学なんだ。早速中に入って見学してみよう!(*備蓄:もしもの時のために、石油を貯めておくこと)

 まず最初は、3階にある展望室から見学するよ。最初の写真の丸く飛び出ているところだよ。展望室の高さは25m。円形になってるから、360度のパノラマの景色が楽しめるよ。今日はお天気も良かったから、実際の白島もよく見えたし、お隣の風力発電の羽の部分(ブレード)も真横くらいに見えて、びっくりしたよ。
 パノラマの景色を楽しんだ後は、2階の映像ホールでビデオを見るんだけど、開始時間まで少し時間があったから、休憩スペースでドリンクタイム。ここでお弁当を食べてもいいんだって。開始時間になったから映像ホールでビデオ鑑賞。映画館みたいなホールで、石油備蓄の様子やぼくたちの生活にどのように関係しているのかをお勉強できたよ。
 次は、1階の展示室に入ってみるよ。ここでは、パネルで石油についての知識や大切さを学んだり、展示を見ながら、生活の中での石油製品について学べるんだ!みんなの大好きなゲームで勉強できる機械もあるよ。
 でもぼくがここで一番すごいな!と思ったのは、備蓄基地のパノラマ模型!手前のレバーを使って動かせば、基地についているカメラで実際の基地の様子を見れるんだけど、本当に基地の上で点検している作業員の人の姿が見れたんだよ!基地は24時間体制で点検・監視されているんだ。

 それから展示館の外のスペースには、実際の基地の貯蔵船のカットモデルや、基地を守るために置かれている消波ブロックの実物がおいてあるよ。この消波ブロック、64トンっていう大きさは、特注サイズなんだって!この大きさにびっくりするよ。
 最後になったけど、世界中の石油備蓄基地の中でも洋上にあるのは、長崎と北九州の2か所だけなんだって!そんな特別な基地が目の前にあるなんて驚きだな。
 まだ見学したことがない人は、ぜひ見に来てみてッキュ~♪

 *展示館の見学は無料です。くわしい案内は、白島展示館のHPをご覧ください↓
 http://www.shirashima.co.jp/museum/index.html


白島展示館にやってきました!

受付でパンフレットをもらって、見学開始☆

目の前に迫力満点の風車が見えます!!

双眼鏡から見るともっと遠くまで見えるね!

海外の油田の方向を教えてくれてるよ。

ちょっと休憩♪

ビデオでお勉強

展示室に来ました

石油について教えてくれるよ

昔はこんな樽に詰められていたんだね。

石油から色んな製品がつくられるんだね。

石油の精製の様子がわかるよ

ゲームをしながらお勉強☆

お船の形のパネルがあったよ

上のモニターに実際の画像が出るよ。

船は全部で8隻浮かんでるんだ

館内の見学終了!お外に行ってみよう。

消波ブロック、おっきい!

備蓄船の実物大模型だよ~
こちらもおっきい!

しましまの壁が目印だよ♪
お邪魔しました☆
HOME HOME