News & Topics

若松港築港関連施設群が土木遺産に認定!

「若松港築港関連施設群」が、令和元年度土木学会選奨土木遺産に認定されました。

○「若松港築港関連施設群」の概要
 北九州港に位置する洞海湾・若松港は、背後にある筑豊炭田からの石炭積出基地として明治23年以降に整備され、大正期には日本最大の石炭積出港として繁栄し、日本の近代化に大きく貢献した港湾施設です。
 このうち、明治から昭和初期に完成し、当時の姿を残す若松南海岸物揚場や、弁財天上陸場など6つの施設で構成されています。

» 詳細はこちら [PDF:526KB]

若松港築港関連施設群

~「土木学会選奨土木遺産」の概要~
 土木学会選奨土木遺産認定制度は、土木遺産の顕彰を通じて、歴史的土木構造物の保存に資することを目的として2000(平成12)年度に創設されました。

【参考】下記URLより土木学会ホームページをご覧ください。 (http://www.jsce.or.jp/contents/isan/files/2019_28.shtml

Adobe Reader をダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
リーダーは左のボタンからダウンロードできます。

HOME HOME