ビジネスサポート情報

北九州港の特徴的なビジネス利用について

 北九州港を、今後さらに利用される港としていくために、ビジネスの観点から見た北九州港の特徴を以下にまとめます。

1. 北九州港とは

  • 120年を超える歴史を持つ国際貿易港(平成21年開港120周年)
  • 日々発展するアジア諸国と日本を結ぶ重要な港として機能
  • 市内だけでなく九州・山口地域の人々の生活や産業、経済を支える大切な役割を担う
    ①海上出入貨物取扱量 全国第5位
    ②外貿コンテナ貨物取扱量 全国第8位
    ③国内長距離フェリー取扱量 全国第2位

  • 取扱い貨物

    船舶の種類別取扱量

    船舶の種類 H26年実績 構成比
    船舶全体 100,097,507t 100.0%
    ①フェリー、RORO船 48,405,651t 48.4%
    ②在来船 44,131,377t 44.1%
    ③コンテナ船 7,560,479t 7.6%

    品種別取扱量

    品種 H26年実績 構成比
    全品種 100,097,507t 100.0%
    ①完成自動車 43,673,657t 43.6%
    ②石炭 10,010,852t 10.0%
    ③鋼材 6,939,976t 6.9%
    ④鉄鉱石 6,668,913t 6.7%
    ⑤LNG(液化天然ガス) 4,704,325t 4.7%
    その他 33,045,046t 28.1%

「統計・データ集」は、こちらをご覧ください。

HOME HOME